環境面でも産廃処理は重要|流れや使用される道具にも注目してみよう

産廃物はどこへ

廃品

一般企業も参加

すべての産業においてそこからはごみが発生します。会社や産業で出たごみを産業廃棄物と言って一般家庭で出たごみと区別します。この産業で出たごみは法律にのっとって適切に処理を行っていかなければなりません。各自治体やこの産業廃棄物処理を目的として多くの産業廃棄物処理場が建設されています。産業廃棄物処理場では産業で出たごみの処理にあたっておりそれらの処理方法は焼却、埋立、リサイクルと多岐にわたっています。 またこの産業廃棄物処理を営利目的で行っている会社も多くなってきました。これらの会社は処分料金とそこで出たごみをリサイクルすることによって利益を上げています。ですからこれら一般の企業が運営する産業廃棄物処理場での処分料金は統一されていません。

再生して使用する

各自治体で行っている産業廃棄物処理料金は統一されていますが一般企業が運営している処理場は統一されていないために、ごみは処分料が低い処分場に流れていくことになります。中にはこの処分料金をケチって不法投棄する企業も現れているくらいです。今後産業廃棄物はますます増えてくることが予想されその量に見合った処理場の建設が急務になっています。 またリサイクルの推進から産業廃棄物も様々な方法でリサイクルされてくることが予想されます。リサイクルするためには廃棄物を細かく破砕してリサイクルできるような形にしなければなりません。再生品を作る技術も必要になってきます。日本では細かく砕いた産廃物を製品に仕上げる最終的な処分場が少なくそれが検討課題になっています。